記事リスト

電話対応のプロになる

女の人

正しい言葉遣いを覚える

近年、社会的なニーズの増加から積極的な求人が行われている仕事に、コールセンターがあります。コールセンターは企業等の電話対応を専門的に扱う仕事です。民間会社がメインですが、中には法律改正等に合わせて官公庁が設置するケースもあります。コールセンターの具体的な仕事内容は、インバウンド型とアウトバウンド型の2種類があります。前者は商品やサービス等に対する問い合わせやクレームなど、外部からかかってくる電話に対応します。一方、後者は自ら電話をかけて商品のお勧めなどを行う、いわゆるテレアポ業務が中心となります。勤務時間中は絶えず電話対応を行っているため、コールセンターはかなり忙しい仕事です。ただしその分給与水準が高く、またシフト制で時間の調整をつけやすいため、しっかり稼ぎたい人や子育てと両立させたい人などの間で人気があります。コールセンターの仕事に就く際に気をつけるべきことは、何と言っても言葉遣いです。電話の相手は老若男女さまざまですが、誰に対しても正しくていねいな言葉遣いで接する必要があります。もちろん、敬語も正しい使い方が求められます。といっても、求人に応募する時点ではそれほど神経質になる必要はありません。というのもたいていのコールセンターでは配置前に研修を実施しており、商品知識等はもちろん言葉遣いについてもトレーニングが受けられるからです。採用面接時には社会人として恥ずかしくない程度のきちんとした受け答えができれば大丈夫です。

Copyright© 2018 貿易事務の仕事に転職しよう!天職探しのノウハウを伝授 All Rights Reserved.