記事リスト

経験が決め手になる

履歴書

仕事の経験をアピールする

施工管理の仕事に採用される時には、この仕事の経験が重視されます。施工管理は高層ビルの建築のように、いろいろな建造物を作るのを監督する仕事です。経験のない方がこの仕事をするのは難しいので、施工管理の仕事をしたことのある方が優先的に採用されます。いくら経験があるからといっても、それを具体的に話すことができなれば採用にはつながりません。面接の場で、これまでの経験を分かりやすく説明することが大切です。施工管理の仕事はいろいろな人に接するので、コミュニケーション力が求められます。面接で自分のこれまでの経験について明快に話すことによって、コミュニケーションのスキルを持っていることをアピールできます。同時に自分がこれまでしたことを告げることで、専門的な知識を豊富になっていることを示すことが可能になり、それが採用に結び付きます。施工管理の仕事の経験がない場合は採用が難しくなりますが、似た仕事をしたことがあったり、学校で専門的な知識を学んだことがあれば、採用される場合があります。例えば設計士の仕事をしたことがあれば、採用の時にプラスになるでしょう。施工管理の仕事と設計の仕事は共通があるからです。学校だったら、建築や工学を学ぶ科を出ていれば、採用時に有利になる可能性があります。ただし、経験のない方は採用されたら、一から勉強しなければなりません。現場に出て、この仕事の経験者のもとで働くことになります。一から勉強する意欲を示すようにしましょう。

Copyright© 2018 貿易事務の仕事に転職しよう!天職探しのノウハウを伝授 All Rights Reserved.